FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2019-11

思い出した事 - 2019.09.17 Tue

昨日は敬老の日でした。
「敬老」で真っ先に頭に浮かぶのは、祖父母ではなくやっぱりルルの事。
認知症の症状が出る迄は、どんなに老いても我がままにならず、我慢強くて、いつもお利口さんでいたルル。病院でもいつも褒められていました。

先日いつも訪問させて頂いているブログで、シニア犬のトリミングについて書かれていたので思い出した事があります。
シニアになると、サロンでのトリミングは断られる事がほとんどです。
ルルが通っていたところは13歳迄は預かってもらえましたが、それ以降は自宅でちょこちょこと自分でやっていました。

ルルが17、8歳頃に出張トリミングの広告をみつけて、メールで問合せをしてみました。ルルは持病の僧帽弁閉鎖不全症以外には大きな病気をした事はなく、それ以外はとにかく健康で、見た目も若く、病院等でも大人しくしているので、相談次第でやってもらえないかと思って。自宅だと周りの迷惑にもならないし…
断られるどころか返事すらなくて、とてもがっかりしたし、悲しくなったのを覚えています。ルルが旅立った後に別の所をみつけて、もっと早く知っていたらなぁと思いました。

自分でカットをしていて一番難しかったのは足の指の間の毛でした。
眠っている時にそーっと引っ張って眉切バサミでちまちまと切ったりしていました。くすぐったいのか時々、足を引っ込めるようなしぐさをしていたなぁ…。

ある日シッポの毛をカットしていた時、先の方がかなり絡まっていたのでバッサリと切ってしまいました。元々シッポの毛は伸びにくいみたいですが、老犬という事もあって、その後はほとんど伸びてくれず、フサフサの自慢のシッポが、とうとう最後まで元には戻りませんでした。


CYotV01ysFxMa9y1568696760_1568697286.png


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

● COMMENT ●

高齢ワンコさんはお家ケアが一番安心するので、ルルちゃんは幸せだったと思います。
ruruchanchanさんはルルちゃんの専属トリマーさんとして頑張られて素晴らしいです。
今日のルルちゃん、とっても美犬さんですね。

そら太朗ママ様

そうですね。ルルは暴れたりはしないけれど、いつもガタガタと震えていたので、高齢になって迄、そんな怖い思いをさせるのは可哀そうでしたし。
これはトリミング直後の写真です。
いつも最後にチョンと頭に付けてもらうリボンが、浮いて見えて皆で笑っていたので、「そ、そんなに笑わないでよ~」と言った表情をしているところだったと思います(~_~;)

ルルちゃんおリボン可愛いです(*^_^*)

ruruchanchanさんにトリミングしてもらった方が
ルルちゃんは安心だったような気がします。

まろまま∵様

リボン可愛いですかぁ?^_^;
よくオシャレな小型犬さんが付けているのと違って、ルルの場合は浮いて見えて面白かったです。本犬は得意げな顔をしているように見えたけど…(笑)
トリミングと言っても私は最低限の身だしなみを整えてあげるくらいでしたが、それ程嫌がる事はなく、やっぱり外でやってもらうよりは安心出来るようでした(^_^)


管理者にだけ表示を許可する

嬉しくなる瞬間 «  | BLOG TOP |  » 贈り物

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア