FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2019-11

本当かどうかなんて… - 2019.08.16 Fri

一昨日は先代犬ムクの命日でした。

ムクが旅立った日の出来事です。
当時、バイト先で知合って仲良くしていた友人がいて、よくご飯を食べに行ったり、いろいろな所へ遊びに行っており、ムクの具合が悪くなってきた時もその事を伝えていました。

ムクが旅立ったその日の夕方、お見送りをした後に自宅の部屋でボーっとしていると、母が私の名前を呼び、「○〇さんが来ているよー」と聞こえて間もなくその友人が突然、私の部屋に入って来ました。
今迄は玄関迄しか上がってもらった事がなく、部屋迄入ったのはその時が初めてでした。
少し険しい顔をした彼女は、「今、お母さんから聞いた。ムクが亡くなったって…」と言ったのですが、その前にどうして彼女が約束もしていない日に突然、私の家に来たのか不思議でその事を訊ねたところ、「今朝、ムクが夢に出てきて、悲しまないよう○○←(私の名前)に伝えてって言われた。」と言うのです。

彼女が家に来た時は、ムクはいつも歓迎していたので、ムクも友人も何度か顔を会わせてお互いを知っています。当時のムクは病気で毛が抜けて、心無い人に酷い言葉を投げかけられる事もあったのですが、彼女はそんなムクをためらわずに撫でてくれました。

彼女の言葉を聞いて私は思わず泣き出したのですが、正直夢の話は半信半疑でした。たまたま気が向いて家に寄ってみたら、母からムクが亡くなった事を聞いて、私に対する思いやりから、とっさにあのような事を言ったのだと思っていました。

しかし、彼女は「今朝、ムクが夢に出て来た」と言っていました。
ムクが旅立ったのも朝方です。
後日、何時頃か訊ねると、まだ少し薄暗かったとだけ言っていました。
そして、私はその後母に彼女にムクがいつ亡くなったかを話したか訊いてみたところ、亡くなったとしか伝えていないとの事でした。

当時仲良くしていた私達ですが、その後何年か交流はあったもの、それぞれ別の道に進み、会う機会も次第に減っていき、連絡を取らなくなってだいぶ経ちます。
本当にムクが彼女の夢に出て来たのか、あの時の話の真偽は分かりません。
ただ、この話を両親にした時、ホっとしたような少し嬉しそうな顔をしていたのを覚えています。

例え彼女の作り話だとしても、あの時彼女が私とムクの事を大切に思ってくれたからこそだし、もしムクが本当に彼女の夢に現れていたのなら、ムクも彼女と私の事が好きだったからこそなのだと思うと本当かどうかなんて、どうでもいいのかもしれません。


_q82fHfxOl4WlnM1565920790_1565920921.png


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

● COMMENT ●

優しいムクちゃんですね。

ムクちゃんがお友達の夢に出てきて、ruruchanchanさんへのメッセージを伝えてくれたのは本当だと思います。
ムクちゃんは自分のことを伝えてくれるお友達がわかるお利口さんだったと思います。
ご両親様とムクちゃんとルルちゃんは、あちらの世界からruruchanchanさんのことを見守ってくれていますね。
お盆に心温まるお話が聞けて、ほっこりさせていただきました。

本当に夢を見たからこそ
急いで伝えてあげなきゃと訪ねて来てくれたのだと思います
ムクちゃんにとってもruruchanchanさんにとっても大切な人で
お友達はそうしてくれる人だとムクちゃんは信頼して
彼女の夢に出てメッセージを託したのだと思いますよ
もしも夢を見ていないのだとしら
ムクちゃんが彼女の体を借りて伝えたとしか思えませんんんん
うちの子たちはそんなメッセージを託す人も見つからず困っていると思いますっっっ(汗)



そら太朗ママ様

やっぱり本当だったのかな…
彼女はムクにも私にも優しかったし、同い年なのに大人でしっかりしていて、ムクも彼女ならきっと、ちゃんと伝えてくれると思ったのかな。実際、その話が本当だったのなら電話等で済ませず、わざわざそれを伝える為に自宅まで足を運んでくれた事になるし。
子供の頃から姉妹のように一緒に育ったムクは、残された私がどれだけ悲しみに暮れるかを心配してくれていたのかもしれないですね。
お盆は皆揃って、帰ってきてくれていたと思います(*^^*)

Chaperone様

やっぱり、そうですよね。
ムクは彼女の事を好きみたいだったし、信頼出来る人だと解っていたのでしょうね。
彼女が突然、私の部屋に入ってきた時、何故そこに彼女がいるんだろうと一瞬、何が起こったんだろうって驚いたのをよく覚えています。
でもChaperoneさんの言うように、「急いで伝えてあげなきゃ」と思ったのか、それとも「ムクが彼女の体を借りて伝えにきたのかもしれない」と思うと、納得出来ます。
Chaperoneさんはメッセージの受取りの達人で、誰かを通す必要が無いとにこちゃん達も知っているのではありませんか?(*^-゚)


管理者にだけ表示を許可する

思い出話 «  | BLOG TOP |  » 思いがけない事から…

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア