FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2019-11

ふとした、きっかけ - 2019.06.20 Thu

先日、職場の若い子と犬の事について話す機会がありました。
20代のその子は、この先今の彼氏との結婚を考えていて、犬も飼いたいと思っているそうです。

この子が幼い頃、実家で番犬として犬を飼っていたのですが、そのワンコが亡くなった時、親が「公道に置いておけば市が片づけてくれる」と言って、家の前の道に放置しておいたそうです。
幼いながらも、こんなものなのかと疑問に思い、嫌な思い出として残っているそうです。

今でこそペットの葬儀屋さん等いろいろとありますが、そのようなものが無かった昔は、亡くなった後は自分達で埋葬する他、市町村に回収してもらうか、動物愛護センターに持ち込むか等だったかと思います。
しかし20年程前であれば、既にペットの葬儀屋・霊園等もちらほらとあったはずですが、愛犬ではなく番犬で、家族やペットという感覚でなければ、愛情、手間、経済的な理由等を天秤にかけて、そのような選択をしたのかもと思いました。

きちんと市に連絡して回収してもらう為に公道に出したのか、単純に放置したのかは分かりませんが、「道に置いておけば市が片づけてくれる」とだけしか聞かされなかった、幼かったその子にとっては、嫌な思い出とし残ったようです。

私はルルやムクが亡くなった時の事をその子に話しました。
そこから、犬を飼う事についてのいろいろな事、老後の介護の事迄話が膨らみました。特に犬にも認知症がある事等考えてもみなかったようで、介護の話は興味深く聞いてくれました。
私は普段から訊かれた事しか話さないタイプですが、この子は熱心に質問したり、話を聞いてくれました。
そして最後に犬を飼う前に、終生飼養について彼氏とよく話し合ってみると言ってくれました。

実は前回の記事のドッグフードの試供品を「誰か要らないか」と、他の方に話しているのを横で聞いていたこの子が、「犬を飼っていたんですか?」と、声をかけてきてくれたのをきっかけに、このような話になったので、あの件もただ困って切なくなっただけではなく、意味のある事だったのかもしれないと思いました。





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

● COMMENT ●

ワンコを安易な気持ちで飼って不幸になるワンコがいるので、ruruchanchanさんの言葉は説得力があると思います。
ルルちゃんとムクちゃんとの生活は尊いものだと感じました。
昨日はそら太朗の8才のお誕生日に暖かいメッセージをいただきまして、ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。

こんばん▼o・ェ・o▼ワン!

記事を読んで死生観という言葉を思い出しました。
職場の彼女の親御さんのお考えは解りませんが、魂が抜けてしまえばただの抜け殻という考え方もあるのかな、と。
宗教観とかも関係してくるのかもしれませんが、死んでしまえばそれまで。いつまでも未練を持っていては成仏できないという方もいらっしゃいます。
話が飛躍しすぎましたが、我が家は何年経っても納骨もできず自宅で一緒に過ごしています。それも自分なりの死生観なんだろうな、と思っています。
人それぞれなんだろうな。愛し、愛された事実は変わらないんだろうし、役所が「廃棄物」として「処理」するというのもまた必要な業務なんだろうなと思います。

ペットショップでは可愛い子犬が尻尾を振って新しい飼い主さんを待っていますね。
良いのか悪いのか、決して安価ではないので衝動的に買ってしまう事は少ないと思いますが、それでもすぐに捨ててしまう人もいるんですよね。
彼氏さんとよく話され、幸せな家庭を築いて欲しいですね。

そら太朗ママ様

これからワンコを飼う予定の若い子に、
考えてもらうきっかけが出来た事が嬉しかったです。
ワンコに救われた私は何等かの形で少しでも、
ワンコに恩返しをしていかなければと思っています。
ママさんはもう体調は大丈夫なのでしょうか?
こんな時に気を使ってもらって恐縮です。
くれぐれも無理はせずに、お大事に(^_^)

はるパパ@ちわぐるず様

うちも納骨はしていません。
これから先も私に何かある迄は、する気はありません。
私の死生観について、http://ruruchanchan.blog.fc2.com/blog-entry-222.htmlで記事にしているので、よかったら読んでみて下さい(^_^)

職場の彼女は、ペットにも当り前のように老いがくるという事を、今迄気に留めた事が無かったようで、介護の話を興味深く真剣に聞いてくれました。
そして考えるきっかけを作ってくれた事にお礼を言ってくれました。
嬉しかったです。
将来、家族になるであろうワンコ共々幸せになってほしいです(*^^*)

こんな展開が待っていたとは....
このお話を聞いて無駄な物なんて何もないのだなぁ
と思い知らされました
こんなゴミを送り付けて来て許せんんんって腹を立てていた私には
他にもせっかくの与えられた機会を無駄にしていることがいっぱいありそうですっっっ(汗)
ruruchanchanさんの体験談で幸せな犬が増えるといいですね(^ω^)

Chaperone様

与えられた機会を無駄にしている事…
自覚のあるもの、ないものと併せて私にもたくさんあるかと思います^_^;
人や物事の繋がりが意味のあるものになるかどうかは、自分の思いや考え方次第で、今回は話を丁寧に聞いてくれた彼女をきっかけに、それに気付けたのかもしれません。
ただ時期や場合によっては無駄なものも私はあるかと思うので、Chaperoneさんの場合は本当にその時無駄な事だったのかもしれません。
必要であれば、天使ちゃんが教えてくれるでしょうし…(*^^*)


管理者にだけ表示を許可する

よりによって… «  | BLOG TOP |  » 少し困って、切なくなった事

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (87)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア