FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-12

不自由を感じて思う事 - 2018.11.08 Thu

先日再発した目の病気の一ヶ月後の検査の結果、患部が悪化していました。
自身では改善しているように感じていたので少しショックですが、あまり悲観はしていません。とは言え、発病する前がバカみたいに視力が良かったので、その落差に少し苛立ち、不自由を感じています。

ルルの目が見えなくなってきた時の事を、思い出しました。
老化と共に瞳が濁り始めて徐々に視力が低下していきましたが、20歳を目前に認知症の悪化と同時に急に低下したようでした。
ルルの側を歩く時等、風が立つと驚いて飛び起きようとするので、ルルの近くでは、何事もゆっくりと動かすようにしていました。
飛び起きようとするも、上半身しか起こす事が出来ず、小刻みに一瞬震えて目を細める姿に心が痛みました。
近づく時はゆっくりと。うっすらとしか見えないようなので、顔を撫でる時も背中から徐々にゆっくり…
その内、ルルも見えない事に少しずつ慣れてくるようになり、それ程驚く事も少なくなりました。
外に行く時は、それ迄よりも鼻をクンクンさせ、僅かに残された機能をフル活用して情報を得ようと必死になっているようでした。

今の私の不自由さの何倍もあの時のルルは感じていたはずなのに、文句も言わず(言えず)に健気に毎日を過ごしていました。
人と犬では違う事が多いのでしょうが、今後、自分が老化や何かで不自由を感じる事がある度に、当時のルルの動作の意味や理由がもっと理解出来るようになるのかな…。


tQ59tG0mIxJRp1x1538356455_1538356657.png


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

大切な日常 «  | BLOG TOP |  » いつか会う時は…

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (80)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (61)
仲間達 (11)
老犬介護 (16)
ルルの日 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア