FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-12

「知っているよっ」 - 2018.06.01 Fri

昨日はルルの月命日でした。
いつものように、お肉とお花とスイーツをお供えしました。
早いもので、気がつけば来月は三回忌です。

この前の父の誕生日に実家へ戻った時、向いの食堂のおばちゃんに会いました。
以前にも書いた事があるのですが、このおばちゃん、実はルルと私達とを逢わせてくれた立役者かもしれないのです。

生後1ヵ月程のルルが、近くに親や兄弟もいない場所へひとりで来られるわけがなく、誰かがきっとルルを置いていったのだろうと思っていましたが、子犬を飼えない事情で置いていくのなら、何故愛犬ムクを喪ったばかりの私達の家の駐車場に、そのタイミングでピンポイントに置いていったのだろう…と不思議に思っていました。

先代のムクが旅立って、葬儀屋さんに引き取ってもらう時におばちゃんは側にいました。というか、私と母以外にはおばちゃんしか側にいなかったのです。
そして、いろいろと推測した結果、いつも食堂に集う近所の人達とおしゃべりをしていたおばちゃん発信の情報によって、子犬を飼えない事情の誰かが、愛犬を喪ったばかりの私達の家にルルを置いていったというのが、私と母が出した結論でした。

おばちゃんとは私達がその場所へ引っ越してきた時からのお付き合いなので、もう35年になります。小さい頃から私達を知っています。
ムクの事も、ルルの事も知っています。
その日、おばちゃんは久しぶりに会えた事を喜んでくれて、暫く立ち話をしている間、私の手をずっと握りしめていました。
久しぶりに人の暖かさを心身で感じて、涙が出そうになりました。

別れ真際におばちゃんは、「じゃあ、頑張ってね。また来るんだよ。」と言った後、ふと、「神様はいるんだよ。本当だよ。」と言いました。
私は笑顔で深く頷きました。


49A2egKTG6aUl5q1527754717_1527754886.png
生後3ヶ月頃 大好きなゴリラさんと


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

● COMMENT ●

ruruchanchanさんのお家なら
幸せにしてくれるだろうって
ルルちゃんを託していったのですね。
正解でした(*^_^*)
ルルちゃん幸せだったもの。

神様はいますね。
深く考えたことはないけど
何か困ったことがあると
「神様!お願いっ」って思うもの。
それは心のどこかで神様はいるって
信じているからなんだよね。

まろまま∵様

ルルを置いていった人は、私達がどんな人か知らないだろうし、ただ愛犬を亡くしたばかりと聞いて、この家なら飼ってくれるかもと思っただけなのかもしれません。
でも、ルルも私達もお互いを必要としていた時だったので、その他にも何か不思議な力が働いて巡り会えたのかもしれません。
その不思議な力が神様というものなのかもしれないですね(*^-^)


管理者にだけ表示を許可する

ルルのお姉さんから、お母さんへ «  | BLOG TOP |  » ルルの奪い合い

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (80)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (61)
仲間達 (11)
老犬介護 (16)
ルルの日 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア