FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2019-01

2年が経ちました。 - 2019.01.31 Thu

このブログを始めてから先々週で2年が経ちました。
ルがお空へ旅立ってから始めたブログなので、載せられる画像も少なく古いものも多く、それでも寂しくてルルの事を誰かに話したくて、ルルを見てもらいたくて、ずっとルルと一緒にいたくてそんな思いで始めました。
いくら大好きだと言っても、お空に行ってしまった仔の話を周りにいつまでもする訳にはいかないから、ここがルルのお話が出来る唯一の場所です。
いつも好き勝手な事を書いていますが、宜しければこれからもお付き合いして頂ければと思います。

さて、今日はルルの月命日です。
今から買物に行ってご馳走の準備をします。
ルルが旅立ってから2年半。30回目の月命日になります。
初めての月命日を迎える迄の間がものすごく長かった事を覚えているけれど、それがもう30回目になるのかと考えると不思議なくらい、あっという間に感じます。
ルルの様々な表情は勿論、柔らかな毛の感触、干し草のような体臭、滅多に吠えないけれど吠える時は以外と図太い声をしていたり、フローリングの上を歩く時のカチャカチャといった足音等、どれも鮮明に覚えています。
今では思い出す度にルルに出会えて本当に良かったと、幸せな気持ちになります。
ルル、ありがとう





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

死後の事 - 2019.01.24 Thu

先代犬のムクが旅立った時に、死後の世界について母に尋ねた事があります。
その時母は、死んだら終わり、そんな世界なんて無いと言いました。
私に前を向いてもらいたくて母はそう言ったのだと思いますが、そう言っていた母が旅立った後、私は母の存在を身近に感じる事が何度かありました。
姿は見えないのに、何故か母がいると確信出来ました。
根拠を言語で説明する事は出来ません。
ただよく言うように、感じたと言うしかありません。

そんな事があって、やはり器(身体)が果てても中身(魂)は生き続けるという考え方を私はどこかで信じています。
ムクの時も母の時も、そしてルルの時も旅立たれた直後は、そう考えないとやっていられないという面は確かにありました。
だから、母が言っていたように死んだら何もかもそこで終わりだとしても、それはそれで今の私には受け入れられます。

死後の世界という思想は、この世界に生きる人々が創り出したものなのだから、その通りでなくても不思議ではないし、自分が死んだ時にそのような世界がなくても、もはやそれに失望する事さえないのだから、突き詰めるとどうでもいい事のような気もします。
しかしそれでも尚、先立った愛おしい存在と再会出来る日を待ち遠しく思わずにはいられません。





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

何気ない日常から思い出す事 - 2019.01.16 Wed

先週、昨年に再発した眼の病気の特殊治療を行いました。
今のところ視力に変化はありませんが、私は色覚異常の症状もあって、そちらは明らかに良くなっています。
元々は回復の為というより、これ以上の悪化・再発防止の為の治療だったのですが、今後の経過に期待が出来そうです。

昨夜、買い物に行った帰りに大型犬を散歩している人に出会いました。
すれ違いざまにその方が斜め掛けをしていたバッグの中から小さなワンコが顔を出してきたので、一瞬びっくりしました。
大きい仔と一緒では歩調が合わないのでバッグに入れられおとなしくしていたはずが、人の気配を感じて起き上がってきた様子でした。

ルルが歩けなくなってからは、よくスリングを使ってお散歩をしていた時の事を思い出しました。
夜、人とすれ違う時、たまにびっくりする人がいました。
暗いのでよく見えず、ルルのサイズ的にも普通に人間の赤ちゃんを抱いて歩いていると思われていたみたいです。
「縫いぐるみだと思った」と言われた事もありました。そうだとしたら、私は結構イタイ人と思われていたのでしょうね。
スリングの中でおとなしくしていたルル。認知症もかなり進んでいつもボーっとしている感じでしたが、私には少し微笑んでいるようにも見えました。





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

今年もルル頼み? - 2019.01.09 Wed

一昨日の七草の日には、ルルにも七草粥をお供えしました。
生前、一度だけ作ってあげた事がありましたがプイっされてしまいました。今年は美味しく加工されたものをみつけたので、それを買ってお供えしました。

仕事始めの日の事です。
その日、私はエレベーターを降りる階数を間違えて、別の会社に出社をしてしまいました。新年のどさくさに紛れてセキュリティカードを通さずに入れてしまったのです。
先々月に新しい建物に移ったばかりなのもありますが、いつも裏口から入るので、少しいつもと様子が違うのも単に新年だから模様替えでもしたのかくらいに思っていました。中扉もたまたま2,3つ開けっ放しになっており、全てセキュリティを通さずに奥へと進めてしまったのですが、さすがに途中で気づいて、平静を装いこっそりと撤退しました。
自力で頑張る宣言をした途端こうです。ルルが呆れていそうです。

その日の仕事帰りに初詣に行ったのですが、手水舎で順番待ちをしていたら、小枝か何かが風で飛んできて目の中に入りました。
すごく痛かったのだけれど、何とかお参りを済ませてお守りを頂いて、おみくじを引くと末吉。
ここ数年ずっと大吉だったのになぁと思いながらおみくじを結んでいると、びりっと破けてしまい、他のところに結び直そうとすると、更にびりっ。縄の間に挟んできました。
何だか荒れそうな一年です。
やっぱり、年女のルルに頼るべきかな…


2015年1月1日 おせちを食べるルル 19歳
dXxpMCjPFVUJ07v1546652579_15466527661.png
モグモグ、うまうま


4iDWdQmM2FXXsRO1546652836_15466528902.png
次、何食べよっかな~


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

笑顔で1年を!! - 2019.01.03 Thu

明けまして、おめでとうございます。

昨年は戌年だったからか、初夢にルルとその先代のムクが揃ってご挨拶にやってきましたが、今年はまだ記憶に残る夢を見ていないので、久しぶりに現われてくれないかなぁと期待しています。

今年は亥年なので、ルルは年女です。
今迄ルルの干支を考えた事なんてなかったのですが、2,3日前に「ルルは今年で24歳になっていたのか…」なんてふと考えた時に初めて気づきました。
年女の天使ちゃんが付いていてくれたら、心強いです。
でも何かある度に「ルル助けて~」、「ルル何とかして~」と言ってルルを困らせないように自力で頑張ります。

年始からとりとめのない事ばかり書いてしまいましたが、今年一年また(自力で)頑張りますので宜しくお願いします。


BX5NgI8eIvyhK4l1546418114_1546419487.png
ルルのこの笑顔は…、勿論その先にご馳走があったからなのでした。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア