FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-08

ルルの日に思う事 - 2018.08.31 Fri

ルルの誕生日(うちの仔記念日)が近いので、お花を注文しました。
プリザーブドのフラワーケーキ。いつもの予算ではあまり良いのが無かったので、少しオーバーして納得出来るものを選びました。
祭壇を賑やかに飾りたいからと、誕生日と命日に毎年少しずつ気に入った物を集めるようにしていますが、毎回思うのはルルはこんな事をして喜ぶのだろうか?と。いえ、どうでもいいはずなんです。私の自己満足なのですから。
そもそもお花なんて鉢植えのものを掘り返して、いたずらばっかりして花自体に興味は無かっただろうし。
お花が無いと寂しいと思うのは、ルルではなく私なのです。

今でも続けている毎日のお焼香とお供えは、元々は供養の為ですが、ルルが旅立ってから今迄の食事の準備等の時間が手持無沙汰になって寂しかったから、それを埋める為のものでもあります。

私がしている事をルルの為だと言われたら、ルルは困ってしまうでしょう。
ルルが喜んでくれるとしたら、私が自分の為にやりたいからやっている事を自覚した上で、いつもルルを想っている事、お空での幸せを願っている事。



そうだよね?ルル


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

頑張れっ! - 2018.08.27 Mon

前回、8月は命日が多いと書きましたが、一昨日は姉のにゃんこの命日、そういえば弟のにゃんこも8月だった事を思い出しました。
みんな病気や事故等ではなく、それ相当の歳を重ねて旅立っていきました。
モスラだって、もう少し若ければ私が学校から帰ってきて陽射しに気付く迄の間の体力があったかもしれない。
やはり老体には厳しい季節なのかなと、あらためて思いました。

時々、お散歩をしているのを見かけるビジョン・フリーゼのワンちゃん。
ルルが20歳の時、飼主さんに長生きの秘訣を教えてと言われたけれど、特に答える事が出来ませんでした。不要なストレスは与えずに、のびのびと過させる事。
当たり前だけれど、そのくらいです。
飼主さんはルルにあやかりたいと言って、撫でるというよりベタベタとよくルルを触っていました。
この前久しぶりに会った時は、この暑さのせいか息が荒くトボトボと、でも一生懸命歩いていました。目が合った時、「ちょっとしんどいけど頑張っているよ」って言っているような気がしました。もう15、16歳になるのかな。
飼主さんがとても大切にされている様子を何度も見ているので、心から頑張れと思いました。


L_w626A1B5kiK021535337593_1535337606.png
ルルも応援しているよ


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ライバルが旅立った日 - 2018.08.20 Mon

先日18日はルルのライバル、寧々の一回忌でした。
8月は人もそうだけれど、知合いのワンニャンの命日も多いです。
ハイシニアには厳しい季節である事と、お盆がある事も関係あるのかな。。

いくら成仏しても、お空で修行を重ねても、ルルと寧々が仲良くしているとは思えないので、夕食にルルにお肉をお供えしながら、「仲良くする必要はないから、寧々にも分けてあげてね」とだけ言っておきました。
ワンコはやはり飼主を見ていますね。姉と私の力関係を知っているから、寧々はルルに厳しかったのかもしれないです…




そう言えば、一緒に写っている写真が一枚もなかったです。。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

もうひとりの家族ムクの日 - 2018.08.15 Wed

昨日は先代犬ムクの命日でした。

私達も子供だったから、いろいろな事をさせられて遊ばれていたムク。
写真は無いけれど、私がバレエの発表会で来たチュチュを着せた事があって、その時にチュチュを着たままムクが外に飛び出し、近所の人達をビックリさせた事がありました。子供達は大喜びだったけれど…

EctdGRrr5A5FnAb1534302164_1534302187.png

ムクが居た頃は、ワンコにチョコレートをあげてはダメだという事があまり知られていなかった時代だったので、よくあげていました。
子供の私達と一緒に育ったから、他にもお菓子が大好きだったな。。




ルルと違って、写真撮影に割と協力的だったムク。
いつか再会出来るのかな。会いたいなぁ…。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ある小さな命の思い出 - 2018.08.08 Wed

先日8月6日は、ハムスターの日だったそうです。
ルルの命日の2週間後は、先代犬ムクの命日。
そのムクのアルバムを眺めている時に、みつけたこの写真。
初めて飼ったペット、ハムスターのモスラです。
この仔は、小学校の姉の教室で飼われていた仔。
学校で数が増えすぎたので、姉が家に連れてきました。
ムクも一緒に引っ越してきた新しい家で、私が世話をする事になったのですが、ある夏の日に私の過失で命を落としました。

モスラの小屋は、ベランダの日陰の涼しい場所に置いていました。
ある日の週末に見たヒッチコックの映画「鳥」。
小学生の私には強烈に鳥の恐怖だけが頭に植えつけられてしまい、映画を見終った後すぐに、モスラがもし鳥に襲われたら…と心配になり、その夜にベランダから室内の窓辺に小屋を移動させました。
翌日の午後、学校から帰るとモスラは亡くなっていました。
窓辺で、直射日光に当たり続けたせいです。
移動させた夜には、そんなに陽射しが入る事等気付きませんでした。
モスラを守りたくて行った事が、逆に小さな命を奪う事になりました。
生き物の命を預かるには私はまだ、あまりにもバカで無知でした。

悲しかった事を思い出したけれど、同時にモスラが家に来て楽しかった事を沢山思い出しました。
写真が残っているのは嬉しいです。この1枚だけ、でもとても嬉しいです。





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア