FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-07

愛と感謝 - 2018.07.31 Tue

今日はルルの三回忌です。
お空へ旅立ったあの日から2年が経ちました。

毎月の月命日よりも少しだけ豪華なご馳走とお花をお供えした以外は、特に何も変わりません。ルルの事は毎日想っているし、日常と何も変わりません。

先日みた不思議な夢は、私自身に向けられた怒りも和らげてくれたような気がします。
あの時ああしていれば…、もっと○○出来なかったのか…等、ずっと自責をしていた毎日から少し解放されたような気がします。

今日、ルルにお線香をあげて手を合わせた時、命日だからいつもより少しは特別な事を言わなきゃと思うと、そう思うほど何も言葉が出てきませんでした。
ただ、ずっと変わらず愛している事、そして感謝している事を伝えました。


1KYCOSj9gv63kOY1533015238_1533015662.jpg


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

真夏のお散歩 - 2018.07.26 Thu

今日は、3回忌用にルルのお花を注文しました。
いつもはピンク系ばかりなので、今回はブルーやグリーンの爽やかで涼しげな色合いのものにしました。

猛暑が続いていて、毎日ワンコのお散歩に行かれる方は大変かと思います。
私は夏の間は、冷蔵庫で直前迄冷やした霧吹きの水をルルに向かってシュッシュとやりながらお散歩をしていました。
陽がある内だと逆効果になる事もあるかと思うのですが、沈んで周りのアスファルトの熱も落着いた頃だと、割と効果的だったと思います。
ルルも激しくハァハァする事がなくなりました。
ずっとシュッシュとやりながら歩いていたので時々、変な目で見られる事もありましたが…

あとは、お揃いの柄のクールバンダナを身に付けて歩いていました。
ルルは小型犬用、私は大型犬用のものを…。人より犬用の物が可愛いかったからです。
今では一人、出勤時に着用しています。


XzuxhJ_ukzl2uCt1532487727_1532487866.png
サマーカットでツルツルになったルル。
表情ものっぺりとした感じに見えて、よく皆に笑われていました。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

夢が教えてくれた事② - 2018.07.21 Sat

まず一つめは、ルルを引き取るきっかけになった出来事です。
両親が他界してから暫くの間は、ルルは兄夫婦が面倒を見ていましたが、とある事情から兄夫婦は実家にルルを残して別の場所に住み始め、そこから餌やトイレの後始末等の為に通っていました。
しかし、その事を私には知らせず、ルルは2ヵ月近くも実家でひとりぼっちでした。その後事情を知った私が引き取る事になったのですが、この件で私は兄に対してずっと怒りを感じていました。

二つめは動物病院での事。
ルルは僧帽弁閉鎖不全症だったのですが、その治療に関しては適切であったと思っているのですが、認知症についての対応には不信に思う事がいくつかあり、ルルが旅立った直後は、病院の先生に対しても少し怒りのようなものを感じていました。

変な夢を見た事が、ずっと心に引っかかっていた、この二つの事を改めて考えるきっかけになりました。
夢の中のように事情がある中で何も努力をしなかったわけではなく、その時に出来る事をやった結果であるのならば、自分も含めてそれぞれの事情や立場を客観的にみる事が出来れば、今なら納得も理解も出来ます。
ルルの事がとても大切で心配だったからこそ、根に持っていた行き場の無かった想いや複雑な感情が少し整理されてすっきりとした感じです。



20歳3ヶ月 この少し前から右側を下にしてでないと眠れなくなって、右目が少し擦れています。これは珍しく伏せの姿勢で眠っているところ。 


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

夢が教えてくれた事 - 2018.07.15 Sun

数日前に久しぶりにルルの夢を見ました。
両親がルルを連れて海外へ行ってきたと、私に報告をしている夢です。

夢の中でのルルは既に20歳を超えて、認知症の症状も出ていました。
そんな状態でルルを連れて海外へ行ってきたという実際ではまず、ありえない事が夢の中でも当然信じられなくて、しかもアジア等の近隣ではなくヨーロッパを周ってきたというのですから、「飛行機は大丈夫だったのか?」「宿はどうしたのか?」等、私がいろいろと訊ねると、両親は「全然問題なかった」「宿では納屋を借りてルルはそこにいた」と言うのです。

両親の話を聞いている内に私は、ルルを海外へ連れて行った事自体は信じるようになったのですが、「全然問題なかった」というのは信じられず、ルルが何かしら辛い目に遭わなかったかがとても心配になりました。
1人で起き上がる事も出来ず、起きている間はくるくる回って、ずっとアウアウ鳴いてばかりで…。そんな状態で無理やり連れていかれて、ルルは辛かったに違いないと思いました。

どういう理由か、夢の中では両親はルルを置いていけない状況で、やむを得ず一緒に連れていった事になっていました。そしてその為に最善の努力をしていた事を私は察していました。なので、本当は細かくあれこれと問いただしたかったけれどもそれはせずに、何も分かっていないルルを撫でながら「ルルそうなの?あちこち行って来たの?良かったねぇ~」等と言いながら、両親の話を聞いていました。

目が覚めてから変な夢を見た物だと暫く考えていたのですが、その後ルルに関する2つの出来事を思い出しました。
 続く…

IeYrpiSAYBdPotU1531545870_1531546553.png
20歳6ヶ月 回って鳴いて、疲れてポケーっとするルル


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

七夕に願う事 - 2018.07.07 Sat

各地で大変な大雨の被害が出ています。皆様のところは大丈夫でしょうか?
これ以上被害が拡大しないよう、人もペットも皆無事でありますように…。

サッカーワールドカップでは、ベルギーがブラジルに勝ちました。
25年前にドーハで起こった衝撃的な出来事を知っていても、先走りして浮かれて見ていた日本対ベルギー戦。もし日本が勝ち進んでいたら、どうなっていたでしょうか。いっその事、ベルギーにはぜひ優勝してもらいたいです。

さて今日は七夕なので、今年もルルには素麺をお供えしました。
この時期、ワンちゃんの浴衣が売られているのを見ると、ルルにも浴衣を着せて写真を撮ってみたかったなぁと思います。
ルルはカメラの前ではすごくおしとやかになるので、きっと良い写真が撮れたと思います。ルルにとっては迷惑だったかもしれないけれど、一度でいいので思いっきり親バカな写真を撮ってみたかったなぁ…なんて思います。


nFc_BnNHMWMBTly1530922676_1530923359.png
お空でもルルがずっと、幸せですように…


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

「ルルは生きている」 - 2018.07.01 Sun

昨日はルルの月命日でした。
暑いので冷しゃぶをお供えしました。
私は冷しゃぶだと豚の方が好きなのですが、ルル用に牛にしました。

もうすぐで3回忌です。
ルルが旅立った直後、世の中の全ての事がどうでもよく思えました。
全く現実感の無い現実の中で、自分だけが別の空間にいるかのように物事全てが遠くに見えて、遠くに聞こえるようなそんな感覚でした。
夜眠る時は、このまま目覚める事なくルルに会いに行けたら…と思いました。
たったの数ヶ月で、それ迄生きてきて流した淚よりも多くの淚が流れていった気がします。

それでもきちんと悲しみ、時が経てば何とかなるものです。
よく亡くなった人が「心の中に生きている」という言い方をするけれど、今迄はそれがどういう事なのかがよく解りませんでした。
他界した両親の事も頻繁に思い出したりはするけれど、心の中に生きているという感覚とは違います。
でも今、私の心の中にルルは生きています。
異なる空間で、お互いを支えつつ生きているようなそんな感覚なのです。
そして時々、側に来ます。


tefqwPE7Pg8jgAE1530427204_15304276551.png


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア