FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-01

メープルの匂い - 2018.01.29 Mon

2年前の年明けから体調を崩したルル。
固形物が食べにくくなり、腎臓の数値も悪くなっていたので、それ迄のお肉中心の食事からお米中心の食事に変えました。→20歳で白米デビュー

しかし、それも暫くすると食べてくれなくなり、シリアルやカロリーメイト等の栄養補助食品をミルクで溶いて、シリンジで与えていました。
プレーンよりも他の味が付いている方が食べてくれると思ったので、いろいろなメーカーのいろいろな味を比べてみると、リンやナトリウムの含量が低いのが何故かメープル味である事が多かったのです。
なので、メープル味の物をいつも食べさせていました。
食事の後は口の中や周りも拭いていたのですが、いつもメープルの匂いをプンプンとさせていました。

私が覚えているルルの匂いで最初に思い出すのは、ルルの体臭と混ざったそのメープルの匂いです。これが時々、今その瞬間に嗅いでいるかのように、その匂いを鮮明に思い出す事があります。
私自身はメープル味の物が好みというわけでもなく、滅多に口にする事がありません。
ルルの匂いと混ざったその独特の匂い…
いつかは思い出せなくなる時がくるのかな。。。



2012年4月 16歳 珍しくカメラを嫌がらないルル
でもペロペロしたり、あくびをしたりして緊張しています


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

今迄通りには、いかない事を知った日 - 2018.01.26 Fri

ルルは19歳の誕生日を迎える迄は本当に元気で、あまり年齢を感じさせる事がありませんでした。徐々に動作は鈍くなっていましたが、しっかりとした足取りでお散歩をしていたし、私が仕事から帰ってくるとぴょんぴょんと跳ねて喜んでいました。食事や睡眠も全く問題ありませんでした。

衰えを急に感じたのは19歳の誕生日を迎えた月の終わり頃でした。
ルルはそれ迄ずっとフローリングの部屋で過ごしていました。
当時部屋の隅っこに物をいろいろと置いてあったのですが、ある日そこで方向転換をしようとした際に、引っ掛かって転んでしまいました。
踏んばれずにその場で大の字にぺちゃんとなってしまいました。
ルル自身もそのような転び方が初めてだったので、驚いて興奮して、抱き上げた時に今迄に聞いた事のないような声で鳴いてその後に急にぐったりと脱力し失神したのです。
私は状況が把握できず、大声でルルの名前を呼んで揺さぶりました。数秒で意識は戻りましたが、その日は仕事を休んで念の為に病院へ連れて行き、帰ってきてからも心配でずっと側にいました。
ルルはションボリしていましたが、私も相当落ち込みました。

その後すぐに部屋を片付け、タイルカーペットを買ってきて部屋中に敷き詰めました。ルルが眠っている間に作業をしたので起きた時に、部屋の様子が変わっている事にビックリしていました。それから、仕事に行っている間も様子を確認出来るように部屋にカメラを取りつけました。

それ迄の私は呑気過ぎました。
ルルはいつ迄も元気な訳では無いはずなのに、その事を真剣に考えた事がありませんでした。今迄通りにはいかない事を思い知った日でした。


EqqDGtCJfeLr6Dn1516784513_1516784691.png
2016年 2月 20歳5ヶ月 目を開けていても起きているのか、眠っているのか分からない事がよくありました。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

しまい忘れたルル - 2018.01.23 Tue

舌をちょこっと出して眠っているルル。
若い頃は時々見ては、可愛い~なんて思っていましたが、歳を取るとこれが毎日のようになりました。
口元の筋肉の衰えなのでしょうか。
以前は舌をツンツンして悪戯をすると、すぐに目を覚ましたのですが、そんな事をしても、親指と人差し指でつまんだりしても起きなくなりました。
ずっと出したまま眠る事が多く、舌を触るとカラカラに乾いている事がよくありました。
あまりにも乾いて裂けてしまうのではないかと思い、「ルルちゃん、しまい忘れていますよぉ」「カラカラですよぉ」なんて言いながら指で奥に押し込むと、眠ったままクチャクチャと口を動かして舌を口の中に収めます。
勿論、全く起きないのでした。



2015年 19歳


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

1年が経ちました。 - 2018.01.20 Sat

このブログを始めて、昨日でちょうど1年が経ちました。
まだ悲しみの真っ只中にいた頃、ルルの事を話せる場所が欲しくて、あまり何も考えずに続けられるかも分からずに始めました。

悲しみが癒えて月日が経つと、徐々にルルが本当に遠くへ行ったような感覚になるのかと思っていたのですが、その逆です。
遠くへ行ってしまうといった不安がなくなり、いつも一緒にいた頃のような心の平静さを取り戻しました。

毎日何度もルルに話しかけています。嫌な事があったり、ちょっとしたピンチの時も生前と同じく、ルルはいつも私の味方です。

私の文章力や撮影技術・センス等はアレですが…
これからも、ルルという可愛くて優しいわんこのお話と画像を見に来て頂けたら嬉しいです。


LzujoOIBtY5VQFR1516433965_1516434021.png
カチューシャをしているルル 4~5歳頃


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

長年の癖? - 2018.01.17 Wed

とあるブログで女のコなのに片足を上げてオシッコをするワンちゃんの事が書かれているのを目にしました。
実はルルも足をあげてする事が多かったのです。
雌でも2~3割程で片足をあげる仔がいるようで、様々な理由があるらしいのですが、ルルの場合は両足を地面に付けてしゃがむと、お尻の長い毛にオシッコが付くのが嫌だったみたいで、ルルなりに工夫をしていたようでした。
上げるというより、ほんのちょっとだけ足を浮かせるといった感じでしたが、短い足を一生懸命あげている感じがおかしくて、いつも笑っていました。

歳をとってからは、お尻の毛を短くしても、長年の癖なのかそれ迄と同じポーズでやっていました。
足腰が弱ってからも、足を上げようとするので、時々よろけたりして私が支えていました。それでも、目を離した隙にひとりでオシッコをして転んではオシッコまみれになる事も何度かありました。
やはりルルもショックだったのでしょう。そんな時は暫くの間、ションボリとしていました。


2EfmuSt830syoqP1516172355_1516172372.png
毛のせいもあるけれど、やっぱり短足ちゃんでした。


O7oNtMvCdTk_7ef1516172415_1516172431.png
上から撮っているせいもあるけれど、それでも短足ちゃんでした。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ルルがいつも使っていた物 - 2018.01.14 Sun

昨日、保温カップを探して収納棚の奥を見ていたら、ルルの使っていた食器がいくつか出てきました。
介護に入る前に長年使っていた物です。
介護に入ってからは、それ用にいくつか買替えをしたので、数年ぶりに目にし、懐かしいなぁと思い暫く眺めていました。
犬用ではなく、元々は私が食事の時に使っていた、しっかりとした陶器です。
長年使っていた物なので、思い入れも強く処分する気にはなれないのですが、かと言って再度私が使用するのも、ルルが舐めまわしていつもベトベトにしていた事を思い出すと、いくら綺麗に洗っても…ちょっと。。

同じくルルがいつも使っていた物で、処分出来ずにいる物がタオルです。
ほとんどは雑巾として使っていますが、速乾タオルだけは高かったし、 便利なので、綺麗に洗って自分の入浴時に使用しています。

食器は、鉢植え替わりに使おうかと思います。
処分出来ないのなら、再利用してあげたほうがルルも喜びますよね。



2015年1月 19歳5ヶ月

最後となったお正月には食べてくれませんでしたが、その前年の元気におせちを食べるルルの画像が残っていました。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

病院選び - 2018.01.11 Thu

2年前の年明けにルルは体調を崩し、お正月にも開いている、いつもと別の病院に行きました。
事前に電話で、かなりの高齢で認知症の為、検査を受けるのが難しい事等を説明しておいたのですが、時間をかけずにやれば上手くいくはずと、先生が素早くルルを抱き上げて画像検査を行い、血液検査もしてくれました。

いつもの病院ではその数か月前から採血さえも難しいと言われ、触診くらいしか行ってくれませんでした。
その病院で一旦、注射等の処置と薬を処方してもらい、診断画像と検査結果を持って、翌日いつもの病院へ行くと、別の病院で検査をしてもらえた事に少し驚いているようでした。
特別大きな病院とかではありませんでした。いつもの病院と設備や職員数等、ほぼ同じ規模の病院でしたが、対応の違いに私も驚きました。

いつも行っていた病院は、ルルが13歳の時に近所に開業したのをきっかけに先代ムクも通っていた病院からそこへ替え、ずっと特に不満は無かったのですが、ルルが高齢になるに連れて、対応に疑問を感じるようになってきていました。
ルルは開業以来の最高齢犬でした。
そのせいか、診察がいつも消極的だと感じていました。
この事をきっかけにお正月に診てもらった病院へ替えようかとも考えたのですが、場所が遠く通院の負担を考えるとそれも出来ず、後にもっと良い方法があったのでは…と暫くの間は後悔しました。


2016年1月 20歳5ヶ月
Wy2mEs6YDCgUgAv1515575110_1515575137.png
眠っている時も、険しい表情をしている事が多かったです。


YOXppAlvmF7bvOQ1515575173_1515575195.png
それでも、おとなしく眠ってくれている間は、天使ちゃんでした。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ルルが傍にいてくれた理由 - 2018.01.08 Mon

今日は成人の日ですね。
ルルは2年ちょっと前に20歳になりました。
小型犬の20歳は人間でいうと96歳くらいだそうで、21歳で人間でちょうど100歳頃になるので、その時に少しお祝いをしようと考えていましたが、そのひと月前にルルは旅立ちました。
ルルが家に迷い込んで来た当時、獣医の先生がいうには生後1か月程との事でしたが私はいつも、それにしては少し大きかった気がしてならなかったので、本当は21歳になっていたのかもしれません。

ルルが旅立ってから暫くの間は、ほぼ毎日特に後悔している事、自責を感じる事について何故なのか→○○出来なかったから→何故○○出来なかったのか→○○だったから→なぜ○○だったのか→それは○○だったからと、ずっと過去を遡っていろいろと考えていました。
ルルとの出会いと別れについて考えていたのですが、時には私自身の事についても遡っていろいろと考えました。
ずっと考えて、辛くなった時は泣いて、また考えて、感情が込み上げた時は泣いたり怒ったりとその繰り返しでした。
そうしている内に少しずつ心が軽くなり、ルルが私の傍にいてくれた事、長生きしてくれた事、ずっと手のかからない良い仔で最期に認知症を発症して旅立っていった事等に、いろいろと意味づけをしていくようになりました。
そしてマイナスな事に関しても前向きな意味づけが出来るようになり、自責から少しずつ解放されるようになりました。

このプロセスは最中は意識していなくても重要で、それに費やす為の時間が私にはどうしても必要だったのだと思います。

先週土曜日に初詣に行って来ました。
ルルと毎年行っていた同じ道、同じ手順で周り、おみくじを引いて、いつもと同じお守りを授かり帰ってきました。
ルルと一緒に所々であった出来事を思い出しながら…。
戌年のせいか、いつもよりワンちゃん連れが多かった気がします。


acXgiR6qvw5GP7V1515383417_1515383435.png
今でも、どこかへ行く時はルルと一緒です


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

初夢かな…? - 2018.01.05 Fri

年末年始は楽しく過ごされたでしょうか?
私は年末はやり残した事はないかとバタバタしていましたが、年が明けてから急に無気力になってしまい、新たに目標設定をしなければ…と思っているところです

1日、2日は夢の記憶が無いのですが、3日の夜に初めて記憶に残る夢を見ました。だからそれが初夢になるのでしょうか。
ルルと先代のムクが出てきました。ぼんやりとしか覚えていなくて、出てきたのは確かなのですが、一瞬の画像を覚えているだけです。
ふたり揃って出てくるのも珍しいので、戌年だから一緒にご挨拶をしに来たのかも…なんて思うと微笑ましいです。
その他にも家族や、懐かしい友達とかが少しずつ出てきたので、みんな新年のご挨拶に来てくれたのでしょうか。


昨年末に載せた静止画と同じ時に撮った動画 おせちを探すルル


この後、お肉を小さく切ってあげたのですが上手く飲み込めないようですぐに諦めてしまいました。
その他の物もすり潰したりしたのですが、味が気に入らなかったようで食べてくれませんでした。


再掲になりますが、夢に出てきたムクちゃんも
WASd88ERhP570Je1515119311_1515119328.png

30年以上も前のお正月に撮った写真です。ムクはサービス精神旺盛な仔で写真を嫌がる事はあまりありませんでした。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

おめでとうございます! - 2018.01.02 Tue

明けまして、おめでとうございます
今年も宜しくお願いします。

特にお正月らしい事はしていません。のんびりと過ごしています。
ルルにはお雑煮をお供えしました。
3年前のお正月に、ルルに生まれて初めて餅を食べさせてみました。
少し固めのものを小さく刻んで。
その時食べてくれたので、きっと今回も食べてくれていると思います。

今年一年、皆様にとって良い年になりますように。
頑張りましょう





にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (86)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア