FC2ブログ
SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2017-10

月命日とハロウィン - 2017.10.31 Tue

今日はハロウィンですね。
犬猫ブログでも、ちょっぴり仮装させられたわんにゃん達が、楽しそうだったり迷惑そうだったり…(笑)
中には親バカだなぁと思いつつ微笑ましいものから、普通にバカだなぁ…と笑えるもの迄あって実に面白いです。

そして今日はルルの月命日です。
ルルの好きなかぼちゃのお菓子を沢山買ってきました。


ルルが元気な頃は日本ではまだ、そんなにハロウィンを意識したり盛り上がっていなかったよね。
良かったね、変な恰好をさせられないで…。

今年もあと残り2ヵ月ですね。
良い年を迎えられるよう頑張りたいです。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

一緒にいてくれる大切な存在  - 2017.10.28 Sat

映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を見てきました。

孤独な主人公の姿にボブが登場する前から涙していましたが、ストーリーはわかっていたので、全体的にはボブの可愛らしさに、目を細めながらニヤけていました。
映画ではボブ本猫が出演していますが、演技をする部分では別の茶トラ猫数匹で撮影したそうです。

薬物問題という背景ではありますが、主人公の大らかな性格と、とにかくボブの可愛らしさとで、描き方も上手いとは思うのですが、重たくなり過ぎず丁度よい感じでした。
大切な存在が出来ると人は変われる。責任を持ち強くなれる。
実話かどうか、猫好きかどうかとか別として、一つの映画として面白かったと思います。

実家で飼っていたまるこも茶トラなので、まるこを思い出しました。
マイペースだけれど優しい性格のまるこの事が、ルルは大好きでした。

DSC_066999.jpg
ちょっと目がコワいけれど、2ショットの写真があまり無いのです…(~_~;)


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

不思議なルル - 2017.10.25 Wed

ルルは空気を読むのが上手でした。
場の雰囲気や人の気持ちを敏感に感じて、自分がどう動けばよいかをわかっているようでした。

実家にいる時は、家族が喧嘩をすると怒っている人を宥めに行きました。
会話で変な空気になったり、無言になったタイミングで現われたりする事がよくありました。

私がPCに向かって調べものや作業をしている時は決して邪魔をしないのに、同じくPCに向かってゲームをしている時は、カマッテ攻撃をしてきたりしました。

私がイライラしていると遠くから、心配そうな顔をして見ていました。
嬉しいと近寄ってきて、一緒に喜びました。
泣いているとすり寄ってきて、励ましてくれました。
人より人の気持ちを汲み取るのが上手でした。

風邪気味なのか、喉が痛いです。
コンビニでのど飴を探していたら、「ルルのど飴」があったのでそれにしました。味はあまり…

ルルがいた頃、「熱・のど・鼻」ではなく、「鬱には一番ルルが効く♪」とか、「何でもかんでもルルが効く♫」とかよく歌っていました。
「何でもルルちゃんが一番効くんだよぉ」って言うと、ルルはしら~っとした表情で私を見ていました。

u63mZ_udEycN9oI1508792774_1508794587.jpg

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

一緒にいたいから - 2017.10.22 Sun

今度は小学生の甥っ子の誕生日が近いので、絵の素敵な知育本を何冊か購入したのですが、これが面白くて私がハマってしまっています。
遊びながら頭も使うので、老化防止にも良いかも?

認知症の症状が出始めた時、ルルにも犬用の知育玩具を買ってあげようと思った事がありました。
今更とも思ったのですが進行を抑える事が出来るかもと考え、いろいろと探していたのですが、その矢先に同じ場所をくるくる回るようになり、寝転ぶと自分で起き上がれなくなり、あっという間に症状が進んだので結局購入はしませんでした。
その替わり、サプリを与えたり食事を工夫したりしました。

症状の出る2年程前から仕事が忙しくなったのを理由に、朝晩の散歩以外でルルに構う事が極端に減りました。その事が原因だったのではと、不安で寂しい思いをさせてしまった事に今でも胸が痛みます。

仕事を辞めて介護に徹するようになってから1年で旅立ったルル。
あっという間の1年でしたが、今迄のどの時期よりもずっと一緒でした。
認知症で目が離せなくならなければ、こんなにずっと一緒にいなかったかもしれません。
今思うと、認知症の発症が悪い事ばかりでは、なかったような気もします。



毎度お馴染みの寝ているだけのルル。少しピクピク動きます。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

願掛け - 2017.10.18 Wed

私の事になりますが先日誕生日を迎え、いろいろとプレゼントを貰いました。
その中でワインとチーズのセットを身内から貰ったのですが、ルルが旅立ってからは私はアルコールを辞めています。

最初は、哀しい時に吞むと深酒をしてしまいそうだし、余計に哀しくなるからという理由で暫く控えていただけなのですが、気が付いたら1年以上経ち、いつからか願掛けに変わっていました。

それは、いつかルルに再会出来ますように…という願いです。
大好きだったお酒もそれが叶うなら、もう呑めなくてもいいかなと思うようになりました。

なのでワインは気持ちだけ頂き、人に譲りました。
そしてチーズは毎朝、パンと一緒にルルにお供えし、チーズがあまり得意でないルルに、「食わず嫌いなルルちゃん、チーズも食べ慣れたらおいしいでしょ?」なんて声を掛けています。


映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を見に行く予定です。
ボブは実家で飼っていたルルの相棒にゃんこ、まるこにお顔が似ています。
その話はまた今度。


ルルという名の犬 ペットボトルに「はい、タッチ」


7Bn0D_kAZ86gSE01508288007_1508288568.png
ルルのワンダフルライフ 

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

短足おデブさん - 2017.10.15 Sun

ルルはフサフサの毛のせいで、よく太っていると言われました。
確かに少し太めではあったかもしれないけれど、そんなにおデブちゃんではなかったのにね。
お風呂に入れた後はすごく小さくなるのに…。

そして短足ともよく言われました。確かに少し短めでした。
でも、子犬の頃は足長さんだったんです。
どうやら足の長さだけ、成長しなかったようです。

DSC_064888.jpg



前に載せたこの写真、子犬の頃と比べると、むしろ短くなったかのようです…

DSC_062000.jpg

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

難しい事 - 2017.10.12 Thu

ルルが旅立った直後、人の言動を有難く思う事、逆に疎ましく思う事といろいろありました。でも何よりも傷つくのは無関心であり、言葉そのものよりも気にかけてもらえている事に本当に感謝しました。
哀しいけれど、犬が亡くなったくらいでと思う人は、やはりいるからです。
何度か不用意に話をされ、戸惑う事もありました。言いたい事は沢山あるけれど、そんな時は黙ってしまいました。私にとっては、とても繊細で大切な事なのです。

昨日、久しぶりにルルの散歩中によく会っていたワン友さんを見かけました。ルルより2~3歳年下でかなり高齢のわんこで、少し前に体調を崩していたようでした。その後、今迄はどこへ行くにもそのわんこと一緒だったのに何度か1人で歩いているのを見かけたので、もしかしてと思っていました。

向こうは私に一瞬気が付いたけれど、気が付かないフリをしたように見えました。とっさに後ろを追いかけたのですが、数歩歩いて足が止まりました。
私は何て声をかけるつもりだったんだろう…。
多分、そっとしておいてほしかったから気がつかないフリをしたのかもしれない。
もしかしたら本当に気付いていなかったかもしれない。
いつもまた会ったら話をしたいと思っていたのに、何も出来ませんでした。

DSC_064444.jpg

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ルルの脅威 - 2017.10.09 Mon

生前、母の友人が飼っていたわんこを連れてよく遊びに来ていたのですが、ヨーキーのチロは特にやんちゃで、いつもルルにちょっかいを出していました。
チロはとにかくルルと遊びたいようで、ルルがソファの後ろ等に隠れると出てくる迄吠えます。
ルルが渋々出てくるとすぐに追いかけて、逃げるルルをずっと追いかけます。
呆れるくらい、ずっとそれを繰り返します。
母と友人のおしゃべりが尽きる迄、時には3時間程もです。
チロが家に来た日の夜はルルはすぐに、ぐっすり(ぐったり?)と眠っていました。

チロはルルより4~5歳年下ですが、13歳という若さで先にお空へ旅立ちました。
お空でルルはまた、チロに追いかけられていないかなぁ…とたまに心配になります。

2000年 ルル5歳

母に戯れるわんこ達。
ルルのお尻をクンクンしているのが、チロ。
手前のブレブレなのが、チロの兄のアル(どちらもお顔が見えませんが…)

DSC_063999.jpg
ルルは基本、チロを無視です。

DSC_064000.jpg
珍しく興味を示しているルル。(恐る恐るクンクン)

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

やっぱり、わんこはいいね。 - 2017.10.06 Fri

既に、いろいろなわんこブログで話題になっている映画「僕のワンダフル・ライフ」を見に行ってきました。
ストーリーも設定も良いけれど、もっと描き方に工夫があればなぁと私自身は少し物足りなさを感じました。
とは言え、やはりお別れのシーンでは涙ぐみ、再会では笑顔になり、最終的にはやっぱりわんこっていいなぁと、あらためて思いました。

また犬を飼いたいという気持ちと、ルルでないと嫌だという気持ちと両方があります。
映画のように生まれ変わって会いに来てくれないかなぁ…
なんて、本当に思ってしまいます。

 
またまた、ただ眠っているだけですが… 18歳 

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

 - 2017.10.03 Tue

秋は一年で一番好きな季節です。
10月はハロウィンがあるので、南瓜を使ったお菓子がたくさん売られています。
ルルは南瓜が大好きでした。この前の月命日にも南瓜のプリンをお供えしました。
わんこってお芋や南瓜等のホクホクした物って好きですよね。
ルルは栗も好きでした。
母の田舎から毎年送られてくるのですが、蒸かしたての栗をよく一緒に食べていました。
そのままでも美味しいのですが、やっぱりスイーツです。
今月、来月と秋の味覚を使ったスイーツが楽しめます。
ルルが好きだからと言い訳して、たくさん買ってしまいそうです。


DSC_062666.jpg
籠の中に閉じ込められてしまったルル。


DSC_063222.jpg
棚に載せてみただけでした。 4歳頃 

先週から上映されている映画「僕のワンダフル・ライフ」。
見に行こうかどうか、考え中です。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (87)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (79)
仲間達 (13)
老犬介護 (16)
ルルの日 (34)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア