SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2018-07

もうひとりの家族を想う日 - 2018.04.18 Wed

今日は先代犬、ムクの誕生日。ムクが初めて我が家に来た日。
家に来た時ムクは生後2ヵ月程でした。
生まれた日がはっきりしないので4/18を誕生日にしました。
ムクが旅立ってからは23年になりますが、一度も誕生日と命日は忘れた事がありません。
当り前です。いつ迄も大切な家族なのですから。


Wbcrd9g6_1ZkzIm1524018339_1524018449.png

ムクは私が小学生の時に家に来ました。
兄弟も皆まだ子供だったので、家族皆でムクも一緒によく出掛けていました。
家族旅行も一緒に行きました。
小さな私達はムクと一緒に大きくなり、青春時代を一緒に過ごしました。



2vwSBwp3MsQJhpP1524024048_1524024144.png

ルルも育ったのは実家ですが、両親が早くに他界したので最終的には私が引き取り、私の仔になりました。
ムクは家族皆の仔ですが、ルルは私の仔という思いがあるので、また少し違います。
勿論、どちらも大切で今も愛しています。

Bt8XAo5rQjdtKPo1524018723_1524018797.png

ルルと違って、カメラを全く嫌がらなかったムク。
それどころか私達が喜ぶのを知って表情を作ったり、ポーズを決めたりとサービス精神旺盛な仔でした。

ここはルルのブログですが、ムクの事も年に数回は書きます。
ルルを連れて来てくれたのはムクだし、ムク無しでルルの事は語れないからです。

今日は特別何をするわけではないけれど、久しぶりにアルバムを見て、ムクと過ごした沢山の時間を思い出しました。
いつ迄も宝物です。


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

仲間達との思い出 - 2018.02.27 Tue

昨日はルルの相棒、まるこの一周忌でした。
まるこは、兄弟が実家に一時帰省した際に一緒に連れてきたにゃんこです。
本当は飼ったつもりはなく、元々の飼い猫ちゃんに懐いて勝手についてきたそうですが、その飼い猫ちゃんは何と帰省途中に預けたペットホテルで亡くなってしまったのです。元々身体も弱く、ストレスが原因のようでした。
その後、まるこは実家に連れてこられ、そのまま居座る事になったのでした。

ルルにとっては自分より下の存在が出来た事が嬉しかったようで、よくちょっかいを出しては追いかけ回していました。
まるこは、「しつこい~」というような鳴き声をあげるものの、いつも優しい猫パンチで遠慮がちに対抗するだけでした。
両親が他界してからは、まるこは兄の家族と、ルルは私と、それぞれ別に暮らすようになりました。
お互いが最後に会ったのはルルが旅立つ年の前のクリスマス。
ルルは認知症がかなり進んでいたので、まるこに会っても分からないようでした。まるこもルルをただ、みつめていただけでした。

そういえばこの日は寧々もいて、ルルと寧々がくるくると回り疲れて眠っている横で私達は団らんしていたのですが、そこへ寂しくなったまるこが「にゃぁ~」と鳴きながらやってきました。あまりにもぐったりと眠るルルと寧々の寝姿に、一瞬驚いた様子で二度見をしたまるこ。「なんじゃ、コイツら…」とでも言いたそうなその様子がおかしくて私達も皆、吹き出してしまった事を思い出しました。
楽しかった思い出です。


再掲の画像ですが…

ルルがまるこにイタズラをしようと、後ろに潜んでいるようです。


C3Wn4GKmT8Q7SaO1519698543_1519699579.png
目が光っている写真ばかりのまるこ。でも、これはちょっとカッコいい感じ?


にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

ルルのライバルお空へ - 2017.08.19 Sat

昨日、ルルのライバルである柴犬(♀)の寧々がお空へ旅立ちました。
寧々は私の姉が飼っていたわんこで、18歳10ヵ月でした。
ルルよりも早く認知症の症状が出たので、介護期間も長かったです。
ルルとは数ヶ月だけ、同じ屋根の下で暮らした事があります。
その時に起こったある事件を思い出しました。

同居して間もなくの事でした。寧々が食べ物を貰おうとしている所へルルが近づいた為、ルルは寧々に噛まれてしまいました。
ルルは決して横取りをするような仔ではないのですが、寧々もルルの事をまだ、よく解っていなくて取られてしまうと思ったのでしょう。
噛みつかれたルルは少し鳴いただけで、私達もそんなに強く噛んだとは思っていませんでした。
ところが暫くしてルルの耳の付根が裂けているのに気が付きました。出血はしていなかったのですが、見事にぱっくりと裂けていてすぐに病院へ連れて行き、医療用接着剤でくっ付けてもらいました。
私達の心配をよそに、ルルはケロっとしていました。

そんなルルと寧々も短い同居期間が終わってからは、年に数回程しか会わなくなったのですが、毎年お正月には一緒に初詣に行きました。とは言っても寧々はルルが近づくとすぐ怒っていましたが…。ライバルというより、一方的に敵視されていた感じです。
ルルは相変わらずずっと、マイペースでした。

昨日はルルにお線香をあげて、寧々の事を報告しました。
そしてお空ではお互い無理に仲良くはしなくても、親切にはしてあげてねと言っておきました。

564839_106658282806137_1189364707777_n.jpg
おとなしくお利口さんなのですが、何故かルルにだけ厳しかったのです。。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

優しい思い出 - 2017.08.14 Mon

世間はお盆に入っていますが、私の住む地域では旧暦に行うのでいつもと何も変わりありません。
お盆といえば、昨年は四十九日が過ぎる前に盆入りした為、ルルは今年が初盆になります。

そして今日はルルの先輩で、22年前の今日、ルルが我が家に迷い込んで来る約3週間前にお空へ旅立ったムクの命日です。 以前ムクを紹介した記事 

ムクは私がまだ小学生だった頃に父の知りあいから、譲ってもらったわんこです。
優しくて穏やかな性格で、私はしょっちゅう、ムクの絵を書いたり物語や歌を作ったりしていました。
学校でも、題材が自由だと必ず作文でもムクの事を書くし、絵や粘土細工、彫刻等、何でもムクの事ばかり作っていました。
ある日、学校で嫌な事があって、帰ってきてからムクと近所のお店でお菓子を買って、そのお店の前に座り込んで一緒に食べた事があります。すると、それ迄我慢していたのか自然と涙がポロポロと流れてきて、隣にいたムクが一生懸命に顔を舐めてくれたのを覚えています。
他にも良い思い出は沢山ありますが、ムクとふたりだけの思い出で一番印象に残っている出来事です。

ムクはルルがお空に来た時は、優しく迎えてくれた事でしょう。
そして親切にいろいろと教えてくれたと思います。
可愛いフワフワの茶色い小さな仔達、大切な家族に早く会いたいです。

画像はそれぞれ、クリスマスとお正月に撮ったものです。
30年以上も前のもので色褪せが酷かったのですが、何とか復元出来ました。

DSC_0525525.jpg
なんだか貫禄が、あります。

DSC_05215211.jpg
ムクはよく首をかしげる仔でした。こうすると、私達が喜ぶからです。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

もうひとりの大切な家族 - 2017.04.18 Tue

今日はルルの先輩わんこ、ムクの誕生日(家に来た日)です。
ムクが亡くなった約3週間後にルルは家に迷い込んできました。

特に何をするわけではないけれど、この日は絶対に忘れないです。
長いわんことの生活が始まった日です。
ムクがいなければ、ルルに会う事もなかったでしょう。

ちょうど35年前の今日、ムクは家に来ました。
そして、13歳でお空へ旅立ちました。

ルルもムクも私達の生活に潤いを与えてくれた大切な家族です。
何度「ありがとう」と言っても足りないくらい感謝しています。

DSC_0339.jpg
2~3ヶ月頃

DSC_0346.jpg
3~4歳頃

にほんブログ村 犬ブログへ ☚応援して頂けると嬉しいです(*^-^)♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (76)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (54)
仲間達 (9)
老犬介護 (16)
ルルの日 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア