SSBUb8c2FhlhAws1490173746_1490174169.png

2017-08

ルルのライバルお空へ - 2017.08.19 Sat

昨日、ルルのライバルである柴犬(♀)の寧々がお空へ旅立ちました。
寧々は私の姉が飼っていたわんこで、18歳10ヵ月でした。
ルルよりも早く認知症の症状が出たので、介護期間も長かったです。
ルルとは数ヶ月だけ、同じ屋根の下で暮らした事があります。
その時に起こったある事件を思い出しました。

同居して間もなくの事でした。寧々が食べ物を貰おうとしている所へルルが近づいた為、ルルは寧々に噛まれてしまいました。
ルルは決して横取りをするような仔ではないのですが、寧々もルルの事をまだ、よく解っていなくて取られてしまうと思ったのでしょう。
噛みつかれたルルは少し鳴いただけで、私達もそんなに強く噛んだとは思っていませんでした。
ところが暫くしてルルの耳の付根が裂けているのに気が付きました。出血はしていなかったのですが、見事にぱっくりと裂けていてすぐに病院へ連れて行き、医療用接着剤でくっ付けてもらいました。
私達の心配をよそに、ルルはケロっとしていました。

そんなルルと寧々も短い同居期間が終わってからは、年に数回程しか会わなくなったのですが、毎年お正月には一緒に初詣に行きました。とは言っても寧々はルルが近づくとすぐ怒っていましたが…。ライバルというより、一方的に敵視されていた感じです。
ルルは相変わらずずっと、マイペースでした。

昨日はルルにお線香をあげて、寧々の事を報告しました。
そしてお空ではお互い無理に仲良くはしなくても、親切にはしてあげてねと言っておきました。

564839_106658282806137_1189364707777_n.jpg
おとなしくお利口さんなのですが、何故かルルにだけ厳しかったのです。。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

これからも - 2017.08.03 Thu

今迄ほぼ1日おきに更新してきたこのブログですが、今後、同様のペースで続けるのが難しくなってきた為、もう少しゆっくりとやっていきたいと思います。

ルルとの思い出はこれから増える事はなく、載せられる画像にも限りがあり、それでもルルの事を語れる場所は残しておきたいと思うからです。
更新のペースを落としたからと言って、記事のクオリティが上がる訳でも無いですが… 少しでもそうしていけるよう努力はしていきたいと思います。

これからもくだらない事を書いたり、泣き言を書いたり、文章と関係がなかったりボケて写りの悪い画像を載せたりとめちゃくちゃではありますが、ゆっくりとやっていきたいと思いますので宜しくお願いします。

DSC_0511777.jpg
実は真正面の画像が少ないルル

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

一周忌 - 2017.07.31 Mon

今日はルルの一周忌です。
もう1年が経ちました。正直、早かったです。
ルルが旅立った午前9時10分から20分の間、お線香を焚いて黙とうしました。
ルルは旅立つ前に手足をバタバタして教えてくれました。
私は隣で眠っていたのですが、その音で起きてルルを抱き上げたのです。
私の腕の中で旅立っていきました。
ルルとの思い出や記憶が薄れていくのは寂しい事ですが、時が経てばそれだけ少しずつルルに近づいているという事でもあり、いつかまた会える迄、私は自分のするべき事を頑張っていきたいと思います。

20歳の誕生日の画像です。

91UFiVPM1dhTUl71501462206_15014622297.png
17歳頃から、毎回これが最後の誕生日になるかもと思い、ご馳走を用意していたのですが、この年は翌年も絶対にあると思い普通のケーキを一切れ用意した意外特に何もしませんでした。ルルはクリームを少し舐めただけでした…。

pbPqVwJU4M1X3031501488740_150148876177.png
目があまり見えないので、匂いでケーキを探すルル。

DSC_014547.jpg
ルルのおかげで今迄出来なかった事がたくさん出来るようになったよ。
ルル、ありがとう。また会える日迄、待っていてね。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

忘れない - 2017.07.29 Sat

旅立つ前日の画像です。
最期の数日は介護疲れからルルを全く撮っていなかったので、何気なく撮った前日の画像が最後となりました。
目をしっかりと開いて頑張っていました。
動画もあるのですが、哀しい声で鳴いているので見ると辛くなります。
それでも最後に撮っておいてよかったと思います。
ルルは認知症で夜鳴きが始まる迄は、普段は全く鳴かず吠えずおとなしかったので、今迄は音声が全然残っておらず、最後に哀しい声ではあるけれども、ルルの声を残す事が出来ました。

ルルが旅立った後、翌日の葬儀迄は何度も何度もルルに抱きつきました。
音声や画像は残せても、感触や匂いは残せないからです。
絶対に忘れないからと誓って何度もルルに抱きつきました。

1469813686477.jpg
2016年7月30日 最後までとても頑張り屋さんでした。

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

後悔と自責 - 2017.07.27 Thu

昨年の今頃、ルルの容態が急変しました。
新しく抗不安薬を追加したのですが、その日から嘔吐が始まりご飯を食べなくなりました。薬が直接の原因かどうかは分かりませんが、この件では獣医と上手くコミュニケーションが取れておらず、今でもものすごく後悔しています。

このまま衰弱して永遠のお別れになるなんて思っていませんでした。
2日前にはお風呂にも入って、手足の毛のカットや爪切りもして、まだまだ元気に歩いてくれると思っていたのです。

20年以上も頑張って生きてくれたのに、最期は飼主の判断ミスで死なせてしまったかもしれないという自責に苦しみました。
1年近く経って和らいできてはいますが、完全に消える事はないのかもしれません。


2016年1月3日 体調不良から復活した直後のルル

にほんブログ村 犬ブログへ 応援して頂けると嬉しいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ruruchanchan

Author:ruruchanchan

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
はじめまして♪ (1)
♥ルル♥ (4)
思い出 (41)
食事 (5)
サプリメント (1)
ルルグッズ (3)
日常 (27)
仲間達 (5)
老犬介護 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア